スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳴尾記念の分析~その1~

今週は鳴尾記念を分析していきます!

ちょっと先週は京阪杯もJCも大外れだったので(京阪杯は本命1着でしたが相手が全滅)
今週は先週の分まで当てたいですね!


今日は鳴尾記念の前走傾向と年内成績の分析です。

過去5年の連対馬

10年 ルーラーシップ  前走:日本ダービー
    ヒルノダムール  前走:菊花賞

09年 アクシオン    前走:1600万下
    スマートギア   前走:アルゼンチン共和国杯

08年 サクラメガワンダー前走:天皇賞(秋)
    ナムラマース   前走:OP特別

07年 ハイアーゲーム  前走:アルゼンチン共和国杯
    エイシンデピュティ前走:天皇賞(秋)

06年 サクラメガワンダー前走:天皇賞(秋)
    マルカシェンク  前走:マイルCS

過去5年の連対馬10頭中6頭が前走G1でした。

その他にアルゼンチン共和国杯組が2頭です。

さらに前走1着馬はアクシオンのみ。しかも条件戦です。


お次は上記10頭の同年当初1月のクラスと、その年の勝ち鞍数を見てみましょう。

10年1月時点
 ルーラーシップ   500万下
 ヒルノダムール   500万下

09月1月時点
 アクシオン    1000万下
 スマートギア   1600万下

08年1月時点
 サクラメガワンダー  オープン
 ナムラマース     オープン

07年1月時点
 ハイアーゲーム    オープン
 エイシンデピュティ1600万下

06年1月時点
 サクラメガワンダー  オープン
 マルカシェンク    オープン


06年は両馬2歳重賞を勝っている馬でしたが、
その他のオープン馬は年内勝ち鞍がありません。


要は、

Ⅰ3歳馬は前走G1を走っている馬(2歳時に重賞で実績のある馬はさらに良し!)

Ⅱ古馬は2011年1月時点でOPクラスも、今年1勝もしていない馬


が、狙い目でしょう。



鳴尾記念は傾向的に

A重賞勝ち馬が復活するパターン
例:サクラメガワンダー
  ハイアーゲーム
  マルカシェンク
  ナムラマース

B安定した走りを見せていた馬が近走不振で負けが続いていたが再び奮起するパターン
例:エイシンデピュティ
  スマートギア
  ヒルノダムール


ついでにアクシオンは前走条件戦を勝ち連勝しましたが近5年では珍しい分類ですw
過去5年の3着内馬で調べても前走条件戦の馬はアクシオンのみでした。

近年鳴尾記念は『今年は残念、来年はこそは…素質馬復活レース』化しており条件上がりの昇級馬は苦戦をするみたいですね。

最後に上記の該当馬をうpして終わります。

◎3歳馬は前走G1を走っている馬 (★は2歳重賞勝ち馬)
サダムパテック★
ショウナンマイティ
フレールジャック

◎2011年1月時点でOPクラスも、今年1勝もしていない馬
エアマックール(ダート馬)
コロンバスサークル
トウショウウェイヴ
ヒットジャポット
ミステリアスライト


正直古馬の中で復活の兆しがありそうな馬が見当たらない・・・w

強力な3歳馬が揃っているだけに今回は去年同様3歳馬の中からチョイスする方が賢明でしょうかねぇ^^;


次回は血統編です

でわノシ
スポンサーサイト

☆ジャパンカップ予想動画と京阪杯予想★

京都11R 京阪杯

◎傾向のまとめ◎

◆前走傾向◆
Ⅰ京洛S好走馬
Ⅱ前走重賞を走っている馬
Ⅲ上記以外のレースで前走勝っている馬


◆血統傾向◆
・サンデーサイレンスが血統に入っていて前走重賞で負けている馬
・キングマンボが血統に入っている馬
・父がデピュティミニスター系の馬


◆近走成績◆
・今年OP競走で連対経験のある馬


◎ロードカナロア
○ジョーカプチーノ
▲アーバニティ
△キョウワマグナム
 ケイアイアストン

本命はロードカナロア。
3歳馬ですが過去の傾向としては死角なし。前走は稍重のコンディションで芝1200m自己ベストの走破タイムで勝利。逃げることもできれば控える事もできるので展開にも左右されない。ここでは人気でも軽視できない。

対抗はジョーカプチーノ。
最終週とはいえ内はしっかり伸びると思うし前に行ける馬は有利。陣営もスワンSを敗れた時点で矛先は短距離路線へと向かれ、マイルCSを完全無視した程。G1馬として恥じない競馬をしてくれると思います。

単穴はアーバニティ。
今年シルクロードS2着馬。宮記念でも3着とハマれば怖い一頭。外差しが決まる馬場になっていれば一発もある。

抑えは近走順調なキョウワマグナム、去年の2着馬ケイアイアストンまでです。

馬券は三連複軸2頭流し

◎○-▲△




でわノシ

京阪杯~分析その2~

今日は京阪杯の血統分析と近走成績の傾向です。

過去5年京阪杯の連対馬・父馬と母父馬を見てみましょう。

10年父:サクラバクシンオー
   母父:トニービン
   父:フジキセキ   
   母父:Wolfhound

09年父:アドマイヤベガ   
   母父:ターゴワイス
   父:ブライアンズタイム
   母父:キングマンボ

08年父:デヒア   
   母父:オペラハウス
   父:キングマンボ   
   母父:サンデーサイレンス

07年父:フレンチデピュティ   
   母父:Caerleon
   父:サンデーサイレンス   
   母父:リファール

06年父:パラダイスクリーク
   母父:アーミンジャー
   父:ヘネシー
   母父:スキャン


血統にサンデーサイレンスが入っている馬は2010年2着馬ケイアイアストン以外前走重賞で負けている馬で、そこから巻き返していることになります。

キングマンボが血統に入っている馬が好走しています。

07年、08年と連続でデピュティーミニスター系の産駒が勝っています。が、今年のメンバーに該当する馬はいません。

◎前走重賞で負けていてSSが血統に入っている馬
アーバニティ
ジョーカプチーノ

◎キングマンボが血統に入っている馬
キョウワマグナム
ロードカナロア


お次は年内の競走成績に着眼しました。

09年プレミアムボックス  CBC賞1着
08年ファリダット     マーガレットS1着
07年サンアディユ     セントウルS1着
   ペールギュント    テレビ愛知OP1着
06年コパノフウジン    福島民友C1着

連対馬10頭中5頭がその年にOPで勝ち鞍があります。

ここに連対馬も含めると、

09年レディルージュ    北九州記念2着
08年ウエスタンダンサー  京洛S2着

10頭中7頭になります。

◎今年OP競走で連対経験のある馬

アーバニティ   シルクロードS2着
キョウワマグナム 京洛S2着
ケイアイアストン バーデンBC1着
ショウナンカザン 淀短距離S1着
ジョーカプチーノ シルクロードS1着
ロードカナロア  京洛S1着


なんとなく絞れてきました。

最終予想は明日更新します。

予想動画も楽しみにぃ~


でわノシ

京阪杯~分析その1~

久々に一週間かけてじっくり分析していきましょう!!

本来なら週末のG1を分析していくのが普通ですが・・・

そうなると予想動画のネタばれといいますか、
ある程度私の本命馬が見えてきてしまいそうなので他重賞の分析を行いますw


G1予想は動画でのお楽しみということでご了承くださいw

一週間かけて不定期に色々な観点から分析を行うのですが、今日は前走の傾向です。


★京阪杯過去5年の連対馬10頭の前走成績と人気

10年スプリングソング 前走:1600万下①着 2人気
   ケイアイアストン 前走:京洛S③着  6人気

09年プレミアムボックス前走:スワンS⑥着 13人気
   レディルージュ  前走:京洛S②着  1人気

08年ウエスタンダンサー前走:京洛S②着  2人気
   ファリダット   前走:スワンS⑧着 2人気

07年サンアディユ   前走:スプリンターズS②着 1人気
   ペールギュント  前走:スワンS⑦着 9人気

06年アンバージャック 前走:京洛S①着  9人気
   コパノフウジン  前走:福島民友C①着6人気


感じとしては・・・

Ⅰ京洛S好走馬
Ⅱ前走重賞を走っている馬
Ⅲ上記以外のレースで前走勝っている馬


今年の該当馬は

Ⅰ京洛S好走馬
キョウワマグナム
ロードカナロア

Ⅱ前走重賞を走っている馬
アーバニティ
ショウナンカザン
ジョーカプチーノ
ワンカラット

Ⅲ上記以外のレースで前走勝っている馬
該当馬なし


今回のメンバーほとんどが京洛S組です。
他には京洛Sで最後32秒台の末脚を使いながらも敗れたコパノオーシャンズあたりも評価できそうです。


次回は血統面に着眼していきます。

でわノシ

軽く福島記念の予想を・・・

東京スポーツ杯は非常に残念な結果でした(馬券的な意味でw)
データ的には【前走3番人気以内で1着の馬】
がポイントだったんですが上位3頭がそれに該当している馬だけに悔しいですねぇ↓
該当馬の3連複BOXを買うだけでよかった・・・そしたら今頃財布の中が・・・orz
ついでに今回該当馬は前走芝レースに厳選するとエネアド・ディープ・フジマサ・ホーカー・Mディーンの5頭だけで三連複BOXだと10点・・・配当は10万オーバーです・・・


ディープブリランテは本当に強い!

まだまだ荒削りな面もありますが成長すればきっと大きい所も取れるでしょう!



新潟11R 福島記念

◎モンテエン

新潟2000mはグレイソヴリンが血統に入っている馬が好走するコースです。
セイクリッドバレーにはフォルティノが入っているので新潟では安定してます。
サンライズベガもトニービンが入っているので新潟では複勝率100%です。

じゃあ母父トニービンのモンテエンもこの舞台は絶好のはず。
新潟では【1・0・1・0】、芝2000mも【1・0・1・0】と安定してます。
道悪も2回(稍重)走って2勝と渋った馬場大歓迎!
アドマイヤコスモスより1キロだけ斤量も軽くなにかと恵まれているので一発ありそうです。

馬券は単複。

さらに三連複はアドマイヤコスモスとの軸2頭流しで相手は手広くです。




マイルCSはちょっと自信がなくなってきましたね・・・w

で、オッズ的には本命馬の単複だけでもいいかなと・・・w

でわノシ

去年以上に層の厚いディープ産駒

※マイルCS予想動画はこれの前の記事です



東京11R 東京スポーツ杯2歳S

過去5年の連対馬10頭をみてみると・・・

10頭中9頭が前走1着です。

さらに10頭全馬前走3番人気以内の馬です。


◎ディープブリランテ
○エネアド
▲ジャスタウェイ
△クラレント

前走強い内容で勝ったディープブリランテを本命。
とにかく仕掛けてからの反応が抜群に良くそこからの加速も速い。
広いコースの東京も合いそうなので大物感たっぷりの期待馬です。

エネアドは前走1着の新馬戦を評価。
前走は1~3着までが0.1秒差の混戦決着、さらに4着以下を8馬身差つけてのものでした。
その2,3着馬はしっかりその後の未勝利戦を一発で勝ち上がりました。
こちらもディープ産駒で兄は当レース2着のブレイクランアウトですし2戦目ですが期待します。

ジャスタウェイは前走32.6の豪脚を披露しての2着。
左回りのコースで安定した成績を残しているハーツクライ産駒なので再び好走してもおかしくないでしょう。

クラレントは前走のタイムが少し平凡な気がします。
ダンスインザダーク産駒は当該コースで今年重賞2勝のダークシャドウと同じですし難なく走ってもいいかもしれませんが今回は軽視します。


馬券は単複と馬連

◎-○▲△

でわノシ

☆マイルCS予想動画★

破竹の勢いで!!

東京11R 武蔵野S

過去4年連対馬の種牡馬を見てみると、

10年
1着プリサイスエンド(ミスプロ系)
2着シンボリクリスエス(ロベルト系)

09年
1着カリズマティック(ストームバード系)
2着クリプティックラスカル(ミスプロ系)

08年
1着ジェイドロバリー(ミスプロ系)
2着ヘネシー(ストームバード系)

07年
1着Victory Gallop(ミスプロ系)
2着ブライアンズタイム(ロベルト系)

8頭のお父さんは『ミスプロ系』or『ストームバード系』or『ロベルト系』のいずれかです。

さらに8頭中6頭がその年重賞で3着内の実績あり。

10年
1着グロリアスノア 10年根岸S1着

09年
1着ワンダーアキュート 09年シリウスS1着
2着ダイショウジェット 09年マーチS2着

08年
2着サンライズマックス 08年プロキオンS3着 アンタレスS3着

07年
1着エイシンロンバート 07年マーキュリーC3着
2着ワイルドワンダー  07年プロキオンS1着 アンタレスS1着

その他の馬は連勝中の馬でした。

10年
2着ダノンカモン 2連勝中

08年
1着キクノサリーレ 3連勝中


◎アドマイヤロイヤル

現在3連勝中でお父さんはミスプロ系のキングカメハメハ産駒です。
東京ダ1600mの特徴はスタートが芝コースということ。
アドマイヤロイヤルは芝スタートのダート戦は【3・3・0・0】と6戦してパーフェクト連対。
東京ダ1600mでも前走、前々走と連勝しておりコース巧者。タイムは平凡でも勢いを買います。

馬券は単複勝負です。

でわノシ

エリザベス女王杯予想動画


武蔵野Sの予想は明日更新しますね

長距離騎手に託す

東京11R アルゼンチン共和国杯

さて、近年えげつない程G1馬を輩出しているアルゼンチン共和国杯。

キーワードは『トニービン』『ロベルト』です。

近年連対馬の血統に着眼してみました。

◆血統にトニービンが入っている馬
10年 1着トーセンジョーダン
09年 2着アーネストリー
08年 2着ジャガーメイル

◆血統にロベルトが入っている馬
09年 2着アーネストリー
08年 1着スクリーンヒーロー
07年 1着アドマイヤジュピタ
    2着トウカイトリック

さらに連対馬の前走成績をまとめると、

☆前走OPクラスの馬は年内にOPクラス連対実績あり
☆前走条件戦の馬はそのレースで連対していないといけない

人気を集めてるオウケンブルースリは前走重賞ですが今年に入ってOP競走では連対なし。
今回は思い切って軽視します。


◎ビートブラック


まず血統。
お父さんはミスキャストでトニービンが入っています。
母父はブライアンズタイムでロベルト系ですのでキーポイントの『ロベルトorトニービン』両血統が入っている馬になります。
前走は京都大賞典2着で前走の傾向もクリア。
鞍乗は自分が≪ステイヤージョッキー≫と思いこんでる松岡騎手ですのでなにかやってくれそうです。
案外大外枠という事で軽視されている人も多いみたいですが、菊花賞3着馬でスタミナ豊富!(弱小メンバーでしたがw)道悪での成績も非常に良く今回馬場が渋っても全く問題なし。

未来のG1ホース!!!
・・・とは言いづらいですが強い4歳牡馬世代なので期待します。


馬券はシンプルに単複です。


京都11R みやこS

◎キングスエンブレム

気性の荒いウォーエンブレム産駒ですが今回はプラスに働きそう。
とにかく有力な先行勢が揃っているので速い流れになりそう。
そうなるとキングスエンブレムにとってはもはやマイペースに運べるのでは!?

ってな勝手な妄想予想ですw

正直みやこSは解りませんw

キングスエンブレムの複勝でけ買っておきます。


でわノシ
最新記事
プロフィール

のび太

Author:のび太
性別:牡馬
出身地:関西
年齢:20代
趣味:当たらない競馬予想
   ↓PCのメールアドレス↓
hulainmosyon@yahoo.co.jp

カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
Twitter
Twitterデビューしました ヾ(・ω・`)ノフォロー大歓迎!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。